• 歯の治療をする歯科医
  • 矯正した歯の模型
  • 歯の矯正

ガタガタ八重歯を治すならインビザライン

日本で八重歯はかわいいとされていますが、海外では吸血鬼のようだと言われています。
犬歯が飛び出しているという特徴的な歯並びですが、見た目が変わっているだけでなく、唇が引っかかってしまうので発音に問題が出てしまったり、歯磨きをしにくい状態です。

最近は、八重歯を気にする人も増えてきました。
歯並びを改善するためには、矯正歯科に行必要があります。
矯正歯科というと、ワイヤー装置を付けるというイメージが強いです。
装置が目立ってしまうだけでなく、違和感や痛みが強い治療法で、ワイヤーが目立つことに抵抗を感じてしまうということもあり、歯並びを改善したくても、治療を受けられないという人もいるようです。

そこで、インビザラインという新しい治療法が登場しました。
インビザラインではアメリカで開発された矯正歯科治療で、ワイヤーを使わないという特徴があります。
使用するのはマウスピースで、自分で取り外しをできるという今までにないメリットがあります。
インビザラインのマウスピースは透明で、装着していても目立つことはありません。
ワイヤーよりも違和感が少なく、食事や歯磨きはいつも通りに行うことができます。

インビザラインでは、患者さんの歯型を取ってから、コンピューター上で事前にシミュレーションを行います。
こうすることで、治療前にどのように歯並びがきれいになっていくのかを確認することができます。
このシミュレーションにより、治療にかかる期間なども分かり、安心して治療を始めることができます。

使用するマウスピースは、自分の歯型に合わせたオーダーメイドのものです。
歯型にぴったり合うのではなく、歯を移動するように作られているので、初めて装着すると少しきつい感覚があるかもしれません。
歯の移動に合わせてマウスピースを作り替えていくことで、歯を少しずつ動かすことができます。
マウスピースは取り外して洗えるので、常に清潔な状態を保つことができるばかりでなく、歯磨きもしやすく治療中の虫歯を防ぐこともできます。

インビザラインは今までにない矯正歯科として、ワイヤー装置に抵抗があった患者さんも受けられるということで人気があります。
透明なマウスピースを使うことで、接客業や人前に立つ仕事をしている人も、他の人に気付かれることなく歯並びをきれいにすることができます。
ワイヤー装置は抵抗があるけれども、マウスピースであれば治療をしたいと考える患者さんが増えています。